OT(Operational Technology)と不正コードPart2. Triton

OT環境を対象で発生する攻撃は特定の対象(プロトコル、製品など)を標的にしたり、制限的な環境からの動作を目的で作られている不正コードなどが使用される特徴があります。 OT環境の特性上、セキュリティ製品を導入することはIT環境とは違い難しいです。そのためシステムを破壊されたり、機能で問題が発生しないかぎり検知することが難しいです。
今回はOTの不正コードについて調べようとしています。不正コードを利用して過去行った攻撃事例と当該の攻撃から不正コードがどのように使用されていたが確認してみましょう。

ダウンロードはここをクリックしてください。

スクリーンウォーターマーク特設ページへのリンク スクリーンウォーターマーク特設ページへのリンク
スクリーンウォーターマーク特設ページへのリンク スクリーンウォーターマーク特設ページへのリンク
Copyright 2021 © CYBERFORTRESS, INC. All rights Reserved.
PC画面の情報を守る
Screenwatermark
Scroll Up