Zabbix 動画による動作紹介

はじめに

Zabbixが実際、どのような画面で、どのように異常を通知するのか、動画にてご紹介します。
動画内のZabbixにて設定している環境や、Zabbixの画面について、その下で解説いたします。
ご導入のイメージとしてお役立てください。

Zabbix 動画 – 動作紹介 –

紹介動画の監視環境

Zabbix動画の監視環境

拠点AのZabbixサーバから拠点BのFW(Fortigate)を監視しています。
・ローカルネットワーク(VPN経由)
・Zabbix5.0
・SNMPv2c
・FW(Fortigate100E)

基本的な操作方法

Zabbixメニューバー

Zabbix5.0ではメニューバーが左に設置されています。
操作に関してはこちらの項目から選択することになります。

監視データ

監視対象の状態や取得データ等の詳細を表示

項目概要
ダッシュボード Webインターフェース上の様々な情報を1つの画面に集約して表示
障害 現在発生している障害の一覧や、過去に発生した障害の履歴を表示
ホスト 登録している監視対象を一覧を表示
概要 監視対象と監視項目のステータスや収集データを表形式で一覧表示
最新データ 監視対象/項目ごとに収集したステータス情報の詳細を表示
スクリーン グラフやマップ、障害状況などを1画面に並べて定義する画面の表示と作成を行う
マップ ネットワークマップの表示と作成を行う
ディスカバリ ネットワークディスカバリで自動的に探索した監視対象を表示
サービス ユーザーが独自の定義で監視項目をグルーピングし、稼働率やSLAを計算するサービス機能のステータスを表示

インベントリ

ホストに登録しているホストインベントリ(資産情報)を表示

項目概要
概要 インベントリの種別ごとに監視対象を一覧表示
ホスト 監視対象のサーバーや機器のインベントリを一覧表示

レポート

Zabbixサーバーの状態や過去の障害発生状況などのサマリを表示

項目概要
システム情報 Zabbixサーバーの稼働状況や各設定の登録数などを表示
稼働レポート 閾値を設けている監視項目の稼働率を表示
障害発生数上位100項目 各監視項目ごとに障害が頻繁に発生する上位100を表示
監査 Webインターフェースからログイン/ログアウトや設定変更を行った操作の履歴を表示
アクションログ 実行したアクション(障害通知や障害発生時のスクリプト実行など)の履歴を表示
通知レポート 過去に障害通知を行った統計を表示

設定

監視対象、監視設定などの設定を行う

項目概要
ホストグループ ホストをグループ化するホストグループの設定を行う
テンプレート 監視テンプレートの設定を行う
ホスト 監視対象(ホスト)、監視項目(アイテム)、閾値(トリガー)、グラフ、ローレベルディスカバリ、Web監視の設定を行う
メンテナンス 監視対象のメンテナンス期間の設定を行う
アクション 障害発生時のメール送信やスクリプト実行などの設定を行う
イベント相関関係 トリガーのタグを利用して自動的に障害をクローズするルールを作成する
ディスカバリ 指定したネットワークに対して監視対象を自動探索するネットワークディスカバリの設定を行う
サービス ユーザーが独自の定義で監視項目をグルーピングし、稼働率やSLAを計算するサービス機能のステータスの設定を行う

管理

一般設定やユーザー、認証などの設定を行う

項目概要
一般設定 Webインターフェースの表示全般や、監視データの保存期間の設定などZabbix全体にかかわる設定を行う
プロキシ Zabbixプロキシサーバーの設定を行う
認証 ebインターフェースへのログイン認証の方式を設定する
ユーザーグループ ユーザーをグループ化して管理するユーザーグループの設定を行う
ユーザー Webインターフェースへのログインや障害通知に利用するユーザーアカウントを設定する
メディアタイプ 障害通知の際に利用するメールサーバーやスクリプトの表示/設定を行う
スクリプト Webインターフェースからコマンドを実行するスクリプトの設定を行う
キュー Zabbixサーバーの監視データの収集の遅延状況を表示

補足

■テンプレート
最新データでも表示されていた項目を監視する為にはテンプレートの使用が必要になります。機器に合わせてテンプレートを作成/設定します。
・監視項目(アイテム)の設定
・監視基準(トリガー)の設定   ・・・etc

Zabbixテンプレートについて

■アラート発生時の通知
アラートが発生した際に、ダッシュボードでアラートを確認することが出来ますが、それ以外にもSlackやメールへの通知も可能です。ご使用されている環境に合わせて設定すると便利です。

おわりに

Zabbixはオープンソースソフトウェアで費用が掛からない上に、機能面も優れているのでネットワークやサーバの監視を円滑に行うことが出来ます。しかし、設定できる項目が細かく、使いこなす上でZabbixの操作知識が求められます。その為Zabbix対するサポートを提供する企業が弊社も含め多く存在しています。
コロナ禍の影響でリモートワークが進んでいる中、社内に置いてある機器の状態は把握できていますでしょうか。突発的な不具合が発生した際にゆとりをもって対応できるよう、日々の監視をお勧めいたします。

Share:

More Posts

Copyright 2020 © CYBERFORTRESS, INC. All rights Reserved.
Scroll Up